占いは天気予報のようなもの その1

占いは天気予報のようなもの その1

みなさんは占いを信じますか。私の実家は本当に占いの好きな家庭で、子供の頃から参考にしてきました。家族・兄弟ともに姓名判断や字画を見てもらい名づけていますので、いつもびっくりされます。よく当たると評判の顧問占い師が我が家にはいました。その方が、私を「将来は海外を飛び歩くようなグローバルな仕事をするようになる」と占いました。順風満帆な人生を予言したのです。私の弟は、優秀な医者になる。そして妹はビア二ストになると。しかし現実はそう甘くありません。私は北海道を拠点に活動する放送局の営業マン、海外などプライベートでしか行けません。確かに海外特派員を目指して語学に励んで入社しましたが、実力及ばず。弟は紆余曲折を経て、30歳を過ぎてようやく医者になれました。妹は確かに音大を卒業しましたが、ピアニストになれるのはほんの一部で、現在は専業主婦、ピアノの鍵盤ではなく、レジを叩いています。

切手買取 宅配

鹿児島 不動産 おすすめ

美しく仕上がる名刺用紙

シンクタンクの競馬で当たります